INTERVIEW

社員インタビュー

「世界レベルのサービスが学べる環境において、
自分の成長がお客様の笑顔に繋がっていると実感する日々」

明神館フレンチサービス 秋田 千春

■なぜ、明神館に入社したか?

東京のブライダルの専門学校で学んでいく中で、接客業に興味を持つようになりました。卒業後は、興味のあった接客業、特に日本特有の文化である「旅館」のおもてなしを学びたいと考え、特徴のある旅館を見つけるため、地域問わず全国で探していました。その中で知った明神館ですが、入社の決め手となったのは、実際に現地を訪れた説明会のとき。松本駅から松本の街を抜け到着したその場所は、大自然に囲まれ、名宿ならではの風格を漂わせていました。また、社員同士が「お客様に満足してもらうにはどうすべきか」を真剣に議論している姿にもプロフェッショナルを感じ、ここで働きたいと強く思いました。

■働く中で感じている充実感はどんなことか?

新卒で入社して丸2年が経ち、一通りの業務はできるようになりましたが、自分の目指す姿からはまだほど遠いというのが正直なところです。当館は世界的権威を誇るホテル・レストランの会員組織「ルレ・エ・シャトー」に加盟しているため、世界中から高いサービスレベルを期待して多くのお客様がいらっしゃいます。社内にはそのようなお客様に満足していただけるサービスのプロがたくさんいますので、先輩の所作から様々なことを学んでいます。さらなる経験や知識、技術を身に着け、お客様の気持ちを汲み取り、付加価値となるサービスを提供できるようになることが今後の課題です。そのためにもやらなければならないことは膨大ですが、その中でも日々自分にもできることが増えていき、そのことがお客様の笑顔に繋がっていると実感できたときに、最もやりがいを感じます。

■今後入社してくる方にどんなことを伝えたいか?

先輩方の「プロとしてサービスを提供する」という仕事に対する貪欲さに最初は驚くかもしれません。明神館に来られるお客様は、お料理やお酒に詳しい方や海外のゲストも非常に多いですので、自分自身も常に自己研鑽をしなければ、お客様にご満足いただけるサービスを提供することができません。仕事に「慣れる」のではなく、常に新しい気持ちで学ぶ姿勢や成長意欲がないと厳しい環境だと思いますし、成長意欲の強い方であれば、最適な環境であると言えると思います。
私のように新卒の方でも、まわりのスタッフがフォローもしてくれるので、興味があればぜひチャレンジしてみて欲しいです。

「信州の食材の素晴らしさや和食の奥深さをプレゼンテーションできる仕事。
乗り越える壁が高いから、その分成長できる」

明神館和食厨房 向山 清隆

■なぜ、明神館に入社したか?

調理学校に通っていましたので、将来は和食の調理師になりたいと考えていました。ではどこで働くかを考えた際に「せっかくなら生まれ育った信州・長野の食の魅力をプレゼンテーションする仕事がしたい」という結論に至り、それが実現できる仕事を探していました。ここ明神館には、国内外問わずたくさんのお客様がいらっしゃいます。他の旅館も数件見ましたが、自分が作った料理をより多くの一流のお客様に召し上がっていただける環境を求めたときに、明神館で働くことが自分にとっては非常に魅力的でした。今年で3年目になりますが、妥協を許さず、常に高い料理レベルが求められるこの環境は、刺激的です。

■働く中で感じている充実感はどんなことか?

料理については調理学校で一通り学んだつもりでいましたが、実際に入社してみて、「学校で学んだこと」と「プロの現場のレベル」の圧倒的な差に愕然としました。入社してすぐは、魚の下処理から始めましたが、基本の三枚おろしすら認めてもらえず、めげそうになることもありました。しかしながら、できない自分に背を向けず、プロとしての技を1から身に着けることに真摯に向き合いました。その結果、今では刺身を任せてもらえるまでになりました。初めて刺身を一人で任せてもらえるようになったときは、とても嬉しかったことを覚えています。この他にも今思い返すと、くじけそうになった先にはいつも成長があり、過去の辛い経験すべてに意味があったのだと思います。

■今後入社してくる方にどんなことを伝えたいか?

最初は初めてのことばかりで、大変なことが多いかもしれません。しかし、自分がそうだったように、耐え続けた先にやりがいや充実感があり、それを知らずに諦めてしまうのはもったいないと思います。一度壁を乗り越えると、それが自信となって、さらに高い壁も乗り越えられるようになります。仕事を通して成長したいと考えている方は、チャレンジしてみて欲しいです。 また、調理未経験でも、やる気があれば活躍できる環境が整っています。私の後輩に、高校卒業後、入社と同時に調理の道に入った後輩がいますが、先輩たちが一から教えてくれるので、今では戦力として活躍しています。 全社員がよりよいサービスを提供することを目的に高め合える職場です。

「経験を積みながら着実に成長することができる職場環境。
業界未経験でも、接客のプロフェッショナルになれる」

松本丸の内ホテル 吉江 奈緒子

■なぜ、明神館に入社したか?

元々は製造業で働いていました。ルーチン業務をこなすだけの仕事は楽でしたが、この仕事を続けることで将来どうなるのかという不安はありました。そこで、過去のアルバイト経験や周りからのアドバイスを踏まえ、自分の特性を活かした接客業への転職を決意。やるからには接客のプロになりたいと思い、マルチな接客スキルが身に着くホテル業界の仕事に就きたいと思うようになりました。転職先を探す際に参考にしたのは、旅行系クチコミサイト。松本丸の内ホテルは、お客様からの接客の評価が高く、ここであれば高い接客スキルを身に着けられるのではないかと考え、入社を決めました。

■働く中で感じている充実感はどんなことか?

国宝松本城の城内(三の丸)に位置する当ホテル。1937年に建てられた「旧第一勧業銀行」の擬洋風建築で、登録有形文化財にも指定されているレストラン棟と、2008年に新築されたホテル棟からなる建物です。松本の歴史を受け継ぐ場所で働き、その魅力を多くのお客様に伝えることができるというのが、何よりも魅力です。仕事を通して、学生時代を過ごした大好きな松本に貢献できていると感じます。
さらに、当ホテルには、海外のお客様もいらっしゃるため、英語の対応が求められることも多くあります。私自身、今は英会話の猛特訓中です。このように、環境が自分を成長させてくれるのも、当ホテルの魅力だと思います。
他にも、当ホテルの特徴のひとつとして、社員一人ひとりに与えられる裁量権が大きいことが挙げられます。例えば、社員であれば誰でも、インターネット予約サイトで販売する宿泊プランのアイディア出しをすることができます。「こんな宿泊プランがあったらお客様に喜んでもらえそう」と考えた宿泊プランで実際に予約が入ったときは、接客とはまた違った充実感を得ることができました。

■今後入社してくる方にどんなことを伝えたいか?

入社後、基本的には先輩社員の1人が教育担当としてつき、1から仕事を教えてくれます。もちろん、わからないことは他の先輩や上司にも聞きやすい職場です。自分のように、違う業界出身でも活躍し、接客のプロとして成長することができます。
また、当ホテルは社員全員がマルチタスクで働き、一通りの仕事をこなす職場なので、ホテルでの業務経験がある方でも、ホテルマンとしてより成長できる環境だと思います。

「松本の歴史や文化をいかに継承していくかという
高い志を持って働くことのやりがい」

ヒカリヤ和食サービス 柏原 円

■なぜ、ヒカリヤに入社したか?

前職は、トレーニングジムのトレーナーをしていました。そこで接客業の楽しさを知り、さらに極めたいと考えるようになりました。より高い接客スキルを身に着けられる仕事がないか探していたときに出会ったのがここヒカリヤでの仕事です。世界的なホテル・レストランの会員組織「ルレ・エ・シャトー」に加盟しているということもあり、入社時に求められる接客スキルも高いのではないかと思っていたのですが、未経験者でもプロセスを踏んで成長できるということだったので、安心して入社することができました。

■働く中で感じている充実感はどんなことか?

入社してもうすぐ一年になりますが、接客業の奥深さを実感する日々です。例えば、器の持ち方ひとつとっても、プロとしてのやり方があり、先輩方の一挙一動にプロフェッショナリズムを感じます。私自身も、私生活での所作やふるまいが丁寧になりました。仕事で学んだことが、プライベートにも生かされるというのは思わぬ副産物です。
今後は、資格などを取得して、お客様にさらに満足してもらえるような接客を行いたいと考えており、この会社にはそのような個人のスキルアップも応援してくれる社風があります。
当レストランは、現社長が「松本の歴史を伝える財産を後世に残し、人が集う場所として生き返らせたい」という思いで、取り壊されそうになった名門商家をリノベーションし、10年前に立ち上げたものです。その社長の想いが社員にも継承され、社員一人ひとりが、松本の歴史や文化を継承するという使命感を持って働いています。私自身も、ヒカリヤをより魅力的なお店に育て、将来的には松本を代表するような場所にしていきたいと考えています。そう感じさせてくれるこの職場環境も、魅力のひとつだと思います。

■今後入社してくる方にどんなことを伝えたいか?

私自身、初めての飲食業界で最初は不安もありましたが、未経験者でも受け入れる環境があるので、スムーズに仕事を習得することができました。
また、入社前は、社会人経験もまだ浅いことから、年齢的にも敷居の高さを感じていましたが、実際に入ってみると、あまり関係ないと思いました。若くてもやる気があれば活躍できる職場ですし、正しい接客マナーを身に着けられるので、自分自身の成長にも繋がります。

「世界レベルのシェフの技術を近くで学び、若いうちから
仕事を任せてもらえる貴重な環境。生産者との距離が近いのも魅力。」

ヒカリヤフレンチ厨房 今野 友則

■なぜ、ヒカリヤに入社したか?

宮城県出身で、仙台の調理製菓専門学校を卒業していることから、「なぜ仙台から松本へ?」とよく聞かれます。

元々、自立するためにも、あえて地元以外で就職先を探していました。「東京の方がよかったのでは?」とも聞かれますが、“料理は野菜があってこそ”だと考えていたため、野菜について知識を深められそうな「野菜をメインで使用しているレストラン」を候補に探し、その一つがヒカリヤでした。決め手となったのは、シェフがフランスでの修行経験があったこと、マクロビオティックの資格を取得していたこと、そして、長野県という土地柄もあり、生産者と触れ合うことができるということでした。

■働く中で感じている充実感はどんなことか?

シェフ自身が料理業界でも異端と呼ばれる方で、「やりたい人には若いうちからどんどんやらせる」というスタンスであるため、本気で望めば、数多くのチャンスをもらえる職場です。私自身も入社して3年経ちますが、自分のポジションの仕事以外でも、後輩の指導、生産者とのやりとりなど、幅広い仕事を任せてもらっています。当店では、食材を市場からだけではなく、シェフ自ら農園に足を運び仕入れているのですが、「野菜の勉強がしたい」とシェフに伝えたところ、生産者と繋いでくれました。野菜を仕入れている生産者の方が自分たちの作った野菜を使った料理を食べ、「美味しい」と言われたときは、非常に嬉しかったのを覚えています。
日本ではわずか20軒しか加盟していない世界的なホテル・レストランの会員組織「ルレ・エ・シャトー」にも認められたシェフの下、若いうちからこのような働き方をさせてもらっているのは、非常に恵まれていると感じています。

■今後入社してくる方にどんなことを伝えたいか?

当店の魅力は、若いうちから世界レベルの料理に触れ、学ぶことができること、そしてやりたいことがあれば、会社全体で後押ししてくれることだと思います。私自身も、「野菜ソムリエ」を取りたいと思っていたところ、会社が受験料を負担してくれました。
もちろん、明確な目標があれば、その実現に向けて応援してもらえますし、たとえ現時点で明確な夢や目標がなかったとしても、当レストランであれば、婚礼料理やビュッフェ料理など、多分野の調理が経験できるので、仕事をしていく中で、自分がやりたいことを見つけられるのではないかと思います。

^